« 今日はバタバタ | トップページ | ボウリング »

2008年3月16日 (日)

明石海峡沖衝突事故

今月5日午後2時55分ごろ、神戸市垂水区の垂水漁港沖約3キロの明石海峡で、貨物船とタンカー計3隻が衝突し、中米・ベリーズ船籍の貨物船「ゴールドリーダー」(1466トン)が沈没した。乗っていたフィリピン人の男性船員9人のうち6人は釣り船などに救助されたが、1人が死亡、5人は無事。他の2隻の乗組員もけがはなかった。第5管区海上保安本部は巡視船16隻などを出し残る3人を捜索するとともに、大規模海難事故として対策本部を設置、業務上過失致死容疑などで関係者から事情を聴いている。

【写真特集】 イージス艦「あたご」衝突、漁船沈む

これは、10日程前のニュースですが、今日いつもの通り三宮の教会へ行った際、最後に神父様から5人の男性が紹介されました。そうです、上記のニュースにある助かった5人の方です。一瞬にして異国の地ですべてを無くしてしまった彼らに対して、各方面から支援があったようで、この教会からも募金を募って彼らに寄付をしました。そのお礼を言いにきたそうです。

当日の話をお一人の方からお聞きしました。なんということだ....。英語で話しをされていたので、全部分からなかったのですが、大筋で理解できました。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。そして、今日、教会に来られた方に神のご加護を。

|

« 今日はバタバタ | トップページ | ボウリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明石海峡沖衝突事故:

« 今日はバタバタ | トップページ | ボウリング »