« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

独身生活

いつもどおり、午後9時頃に帰宅して、まずは貴一にご飯。

それから、自分のご飯。今日は、酢豚。でも、これは、手抜きでたまねぎとピーマンを切って、あとは市販の酢豚セットと一緒に炒めるだけ。 味噌汁を作って、昨日の魚とサラダを出して出来上がり。 なんと簡単な...sign01coldsweats01

最近ずっと雨続きだから、洗濯しようかどうか迷うところ。後で、明日のご飯をセットして、お風呂に入って、早く寝よう。まだ、今のところ弁当も作れてるし、ちゃんと主夫してるなぁ。(*ノv`)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月29日 (月)

お弁当

今日は、昨日作ったおかずがあったから、ちゃんとお弁当を作って持っていった。

いつまで続くか分からないが、今晩のおかずもとりあえずは自分で作ったからよしとしようsign01happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

家庭菜園

トマトは全滅。

オクラは、1本。 Image002_okura1_blog

オクラの花。 初めて見ました。

Image003_okura2_blog

小さいオクラが1本。

Image004_okura3_blog Image005_okura4_blog

でも、虫にやられてしまった。 なんか対策ありますか?

Image008_okura7_blog

とりあえず、明日1本収穫してみるかsign01happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

七回裏ラッキーセブン

七回裏ラッキーセブン
の攻撃です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪神VS巨人

阪神VS巨人
今、甲子園球場に来ています。 友達から突然電話があってチケットが取れたから一緒に行こうと誘われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

無事、家に着いた。

結局、今日の明け方3時ごろに、家に着いたらしい。 ほぼ予定通り。

それから、午後1時半ごろにメールすると、しばらくしてメールの返信があった。

さっき電話してみると、元気そうだった。まずは、一安心。

僕は、昨日嫁さんが作ってくれたおかずをもとにお昼の弁当を作って持っていき、晩御飯も家で食べた。

もう眠たくなってきたので、寝るとするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

まずはセブまで。

今朝、嫁さんはフィリピンへ出発した。

仕事の都合で、僕は空港リムジンバス乗り場までしか見送りに行けなかった。 嫁さん一人で空港へ。

出発前、空港の待合室から電話があり、いよいよフィリピンへ。

マニラに着いた後、メールが来た。まずは、一安心。 その後、乗り継ぎでセブへ向かった。

セブに到着し、船でレイテ島へ向かう際に電話で無事に船に乗りこんだことを確認した。

明日の夜中2時ごろにはレイテに到着予定だ。 翌朝には自宅に到着したと連絡がくるだろう。

そこまで行けば、大丈夫でしょう。 今回は、初めてセブ経由で帰るので、ちょっと心配だったが、なんとか家にたどり着くことでしょう。happy01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

突然ですが、帰比します。

突然ですが、嫁さんは明日、帰比します。

10日程前に、嫁さんのお父さんが入院し、退院したと思ったら、今度はお母さんが入院。

今は、二人とも退院して大丈夫なんだけど、お兄さんも病気もあって、この間から頭が痛いことがいっぱい。

最初は、我慢していたけど、僕が中国から帰ってくると、やっぱり帰りたいと言う。

帰るとなると、結構費用がかかる。coldsweats01  だから、借金して帰るのだ~bearing

でも、明日25日はお母さんの誕生日だから帰りたい。 本当は、それまでに帰りたかったのだが、リエントリービザも取らないといけなかったし、時間が無かったので、明日になった。

今日は、嫁さんは初めて一人で入国管理局へ行ってきた。電車の駅から入管までの地図を印刷して渡してたのに、持っていくのを忘れたらしい....。sad

でも、がんばって一人でたどりついた。申告するのにどうしたら良い?と電話がかかってきたが、係りの人の聞いてと言うと、その通り尋ねて自分で書き終えたらしい。無事に再入国ビザも取れた。

今、明日の準備に取り掛かっている。

本当は、一緒に帰りたいところだが、時間とお金の余裕が全くない僕のとっては無理な話。

空港まで見送りに行ってやりたいが、それも仕事があるので、出来ない。 嫁さんには寂しい思いをさせるが、それも仕方が無い。 嫁さんは分かってくれた。

さあ、今日は早く寝てくださいね~。 でも、なんとなくいつもと一緒のような気がする...。bearing

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月23日 (火)

思うこと。

先日、ある人から嫁さんについて非難されたことを記事に書きました。

その後、その人との関係は修復されました。

しかし、中国出張や実家に帰ったこともありバタバタしてそのことは記事に書いていませんでした。 

それが、たまたまその人に見られました。 大変立腹され、ショックを受けられたようです。

僕自身、他人の悪口になるようなことを言うのは好きではありませんが、その方から嫁さんのことについて誹謗中傷ともとれるようなことを言われたのも事実です。 もちろん、僕の主観もありますが。

いずれにしても、どのような理由があったにせよ、僕もその人に対して同じようなことをブログ上で書いてしまったことは、反省すべき点だと思います。この場を借りてお詫びします。 そして、記事は削除させていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

疲れました。

今日は、訳があって実家にいます。

朝からバタバタしていました。病院を行ったり来たり。

そのほかにもいろいろあって、疲れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

北京空港

北京空港
北京空港で撮りました。


で、関係無いけど、今晩は実家に来ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

中国出張 報告①

今回は、中国の天津市に行ってきました。

皆さまから、天津に甘栗はあるのか?という疑問に答えるべく、現地の会社の人に聞いてみました。

天津は何が有名ですか? 「甘栗」という答えを期待した僕は、「パオツー」という答えにがっかり。

日本では、天津と言えば甘栗で有名ですが...と尋ねたところ、

「知らない。」との答え。

翌朝、帰国する前に、気を使って「甘栗」をおみやげに持たせてくれた。

なんか、そういうつもりで言った訳じゃないのに、申し訳ないsign01

と、言うことで、北京へ行く途中で、天津市内の甘栗屋さんへ寄っておみやげにくれました。

200809192991

最初は、小袋に入れてくれたんだけど、一緒にいた人がもう少し多いほうが良いと言って、箱詰めしてくれました。

200809193001

と、いうことで、天津には甘栗屋さんがありましたが、天津の人は知りませんでしたsign03wink

( ̄▽ ̄)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

帰ってきました!

中国から無事帰ってきました!

詳しくは、また明日!

明日は、仕事です。sign03bearing

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

寂しい!!

こんばんは!しゅじん、昨日からと明日までいないです。寂しいだけどもそれはしかたないね~crying仕事だから。         

ブログかけないから私にかわります。じゃあ、みなさん、今からねます。明日、仕事あるだから。。。がんばりますよ~scissorsまちがいあったらごめんね。お休みなさいsleepysleepyhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

今から

今から
出発です。

行ってきま〜す!(^0^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うろこ雲

うろこ雲
今から中国へ向けて出発です。家の近所で撮りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

明日は中国!

明日から2泊3日の予定で、中国に出張します。

今回は、甘栗を食べに天津に行ってきます。

貿易の仕事です...coldsweats01

甘栗は売ってるかどうか分かりませんが、調べてきます。

明日は、5時起き。

関空から北京へ。 そこから車で約3時間で天津へ。

嫁さんは、寂しいと言っています。

でも、仕方がないよね。  明日は早いからもう寝ようって思ってたのに、

まだまだいっぱいやることがあるよ~coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

貴一。

20071016_kichi

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

都合により削除しました。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

聞いた話です。②

聞いた話、昨日の続きです。

*********************************

次のような後日物語がある。

イラン・イラク戦争の最中、1985年3月17日の出来事である。

サダム・フセインが、「今から48時間後に、イランの上空を飛ぶすべて の飛行機を撃ち落とす」と、無茶苦茶なことを世界に向けて発信した。

日本からは企業の人たちやその家族が、イランに住んでいた。

その日本人たちは、あわててテヘラン空港に向かった。

しかし、どの飛行機も満席で乗ることができなかった。

世界各国は自国の救援機を出して、救出していた。

日本政府は素早い決定ができなかった。

空港にいた日本人はパニック状態になっていた。

そこに、二機の飛行機が到着した。

トルコ航空の飛行機であった。

日本人二百十五名全員を乗せて、成田に向けて飛び立った。

タイムリミットの1時間15分前であった。

なぜ、トルコ航空機が来てくれたのか、日本政府もマスコミも知らなかった。

前・駐日トルコ大使は次のように語られた。

「エルトゥールル号の事故に際し、大島の人たちや日本人がなしてくださった献身的な救助活動を、今もトルコの人たちは忘れていません。

トルコでは、子どもたちさえ、エルトゥールル号のことを知っています。

今の日本人が知らないだけです。

それで、テヘランで困っている日本人を助けようと、トルコ航空機が飛んだのです。」

以上、エルトゥールル号の話は、今から115年も前の出来事なんですね。

そして、20年前のイラン・イラク戦争の時は、トルコの人達によって、多くの日本人が救われたわけです。

明治時代に、和歌山(大島)の人達が、トルコの人達を献身的に助けた。

そして時代は変わっても、その出来事を忘れなかったトルコの人達が、

こんどは日本人を助けてくれた。

***************************

とても素晴らしい実話でしょう? 

ともすると、感謝というものを忘れてしまいがちですが、その気持ちをいつまでも持ち続けたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

聞いた話です。

知り合いから聞いた話です。 ちょっと長いです。 時間がある時に、読んでください。

*************************

【エルトゥールル号の遭難】

和歌山県南端に大島がある。 その東には樫野崎灯台。

断崖の上に立っている。 びゅわーん、猛烈な風が灯台を打ち、波が激しく断崖を打つ。

台風が大島を襲った。

明治二十三年九月十六日の夜。

午後九時ごろ、どかーんと、風と波をつんざいて、真っ暗な海のほうから音がした。

「何か大変なことが起こらなければいいが」灯台守は胸騒ぎした。

しかし、風と、岩に打ちつける波の音以外は、もう、何も聞こえなかった。

このとき、台風で進退の自由を失った木造軍艦が、灯台のほうに押し流されてきた。全長七十六メートルの船。

しかし、まるで板切れのように、風と波の力でどんどん近づいた。

灯台のある断崖の下は「魔の船甲羅」と呼ばれていて、海面には岩がにょきにょき出ている。船は真っ二つに裂けた。

その瞬間、エンジンに海水が入り、大爆発が起きた。

乗組員全員が海に放り出され、波にさらわれた。

またある者は自ら脱出した。真っ暗な荒れ狂う海。

どうすることもできない。波に運ばれるままだった。

そして、岩にたたきつけられ一人の水兵が、海に放り出された。

大波にさらわれて、岩にぶつかった。

真っ暗な中で、灯台の光が見えた。

「あそこに行けば、人がいるに違いない」

そう思うと、急に力が湧き四十メートルほどの崖をよじ登り、ようやく灯台にたどり着いたのだった。

灯台守はこの人を見て驚いた。

服がもぎ取られ、顔から血が流れ、全身は傷だらけ、ところどころ真っ黒にはれあがっていた。

海で遭難したことはすぐわかった。

「この台風の中、岩にぶち当たって、よく助かったものだ」と感嘆した。

この人はトルコ人で、船はトルコ軍艦であることを知った。

また、振りで、多くの乗組員が海に投げ出されたことがわかった。

「この乗組員たちを救うには人手が要る」

傷ついた水兵に応急手当てをしながら、灯台守はそう考えた。

「樫野の人たちに知らせよう」

灯台からいちばん近い、樫野の村に向かって駆けだし、急を告げた。

灯台にもどると、十人ほどのトルコ人がいた。

全員傷だらけであった。助けを求めて、みんな崖をよじ登ってきたのだった。

この当時、樫野には五十軒ばかりの家があった。

知らせを聞いた男たちは、総出で岩場の海岸に下りた。

だんだん空が白んでくると、海面にはおびただしい船の破片と遺体が見えた。

目をそむけたくなる光景であった。

その男たちは泣いた。

遠い外国から来て、日本で死んでいく。

男たちは胸が張り裂けそうになった。

「一人でも多く救ってあげたい」

しかし、大多数は動かなかった。

一人の男が叫ぶ。

「息があるぞ!」

だが触ってみると、ほとんど体温を感じない。

村の男たちは、自分たちも裸になって、乗組員を抱き起こした。

自分の体温で彼らを温めはじめた。

「死ぬな!」

「元気を出せ!」

「生きるんだ!」

村の男たちは、我を忘れて温めていた。

次々に乗組員の意識がもどった。

船に乗っていた人は六百人余り。

そして、助かった人は六十九名。

この船の名はエルトゥールル号。

助かった人々は、樫野の小さいお寺と小学校に収容された。

当時は、電気、水道、ガス、電話などはもちろんなかった。

井戸もなく、水は雨水を利用した。

サツマイモやみかんがとれた。

漁をしてとれた魚を、対岸の町、串本で売ってお米に換える貧しい生活だ。

ただ各家庭では、にわとりを飼っていて、非常食として備えていた。

このような村落に、六十九名もの外国人が収容されたのだ。

島の人たちは、生まれて初めて見る外国人を、どんなことをしても助けてあげたかった。

だが、どんどん蓄えが無くなっていく。

ついに食料が尽きた。

台風で漁ができなかったからである。

「もう食べさせてあげるものがない」

「どうしよう!」

一人の婦人が言う。

「にわとりが残っている」

「でも、これを食べてしまったら・・」

「お天とうさまが、守ってくださるよ」

女たちはそう語りながら、最後に残ったにわとりを料理して、食べさせた。

こうして、一命を取り留めたのた。

この遭難の報は、和歌山県知事に伝えられ、明治天皇に言上された。

明治天皇は、直ちに医者、看護婦の派遣をなされた。

さらに礼を尽くし、生存者全員を軍艦に乗せて、トルコに送還なされた。

日本じゅうに大きな衝撃を与え全国から弔慰金が寄せられ、トルコの遭難者家族に届けられた。


********************

明日に続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

中国出張

今日、中国の取引先からメールが来た。 契約している商品が来週出きるので検品に来ますか?

社長の許可が出て、17日に2泊3日の予定で中国に行きます。

場所は、天津なんだけど関空から直行便が無いために、北京に行って、そこから長距離バスで約2時間くらいで天津に着くらしい。でも、天津の空港から工場まで約2時間と言っていたので、実際に何時間かかるのか...( ̄Д ̄;;

サウジへの出張が中国に変わった!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

寝る時間

最近、寝る時間が少ない。

正しくは、遅く寝る。

おかげで、日中は睡魔に襲われることがある。

もう少し睡眠時間を取らないとなぁthinksleepy

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

なんだこれ?

更新記事を書こうと思ったら、ちょっとだけ新しい機能がついていた。

顔文字。 (・∀・)イイ!  ( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

あと、お絵かき。

Cocolog_oekaki_2008_09_09_22_59 

なんか恥ずかしい...coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

涼しい。

帰宅するとき、風が吹くと涼しかった。

日中も30度を越えてたわりには、暑さをあまり感じなかった。

もう秋なんだなぁ。と感じる。

でも、会社の室内は相変わらず冷房が効いていて涼しいと言うより、寒いsign03pout

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

オクラとトマト2

約2ヶ月くらい前からやっています。

20080907_001_blog

オクラです。

20080907_003_blog これもオクラ。

20080907_006_blog  

でも葉っぱがこんなことに。大丈夫でしょうか?

20080907_004_blog

トマトです。

20080907_005_blog

トマトの葉っぱもこんなことに。大丈夫かな?

20080907_007_blog

うまく育ってほしいけどなぁ~sad

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

チャット

さっきまで嫁さんは、いとこと妹とチャットしていた。

3時間以上話をしていた。

いろいろ込み入った話題があったので、長話になってしまったようです。

おかげで、パソコンでやろうと思っていたことが出来なかった。

まあ、仕方ないかぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

ハイビスカス

ハイビスカス
先週の日曜日、近くのホームセンターでハイビスカスが半額だったので、思わず買ってしまいました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

オクラとトマト

実は、もうだいぶ前から、ベランダでオクラとミニトマトを栽培している。

いわゆる家庭菜園。 でも、始めるのが遅かったせいか、なかなか育たない。

それでも、最近ようやくとおおきくなり始めた。 でも、葉っぱが虫に食われている。

そろそろ収穫の時期のはずなのに、なんで出てこないんだろうなぁ~。

早くたべたいのに...。weep

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

今朝、6時ごろ、ものすごい音の雷が鳴っていた。

rainも凄かった。 

その時に目が覚めた僕は、まだ眠気まなこのまま、あ~このまま後で会社に行くときには靴がべたべたになって大変な思いをするんだろうな~と、考えていました。

でも、結局家を出る頃には雨は止んでいた。

嫁さんも起きたらしいが、コワイコワイと思いながら黙っていたそうだ。 家の近所に雷thunderが落ちたような音がしてたから確かに怖かったな~。bearing

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

タガログ語

嫁さんは、さっきまで実家のお母さんと話しをしていた。

そういえば、僕は最近すっかりタガログ語をしゃべらなくなったなぁ~

って、前からほとんどしゃべれなかったのですが...coldsweats01

では、なぜそうなったかというと、

よく質問されることなのですが、家で嫁さんとの会話は何語?

で、日本語。と答える。

前は片言のタガログ語を話したりもしたが、嫁さんは日本語しか

話さないので、僕はすっかり嫁さんの母国語を話す機会が

なくなってしまった。

でも、嫁さんにとってはいい事なのでもっと日本語の勉強をして

もらいましょう~happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

福田首相辞任

びっくりしましたsign01

いろいろあったんだろうな~。

これについてのブログは、今この時点ですっごく多いでしょうね。

たくさんの意見があるでしょうね。

辞めるのは簡単。

でも、辞めるのも難しいときもあるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »