2008年11月27日 (木)

「時計鳴る前目覚め」は危険

今日、気になる記事を見つけました。

僕も、あるんですよね~。まさに、目覚まし時計が鳴る直前に目が覚める! 自分でもスゴイ!なんて思ってたけど、とんでもない!!∑(=゚ω゚=;)  気をつけなければ....。

「朝、時計が鳴る前に目が覚める」 働き盛りに多い「過緊張」ほっておくと危ない

11月27日11時15分配信 J-CASTニュース

毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める。結構なことのようだが、本当は危ない症状なのだ。「過緊張」といい、それが疲れの原因になっているというのだ。働き盛りに見られる不眠、肩こり、体のだるさ、ほてり、女性に多い冷え症もそうだ。病気とまではいえないが、ほっておくとよくない。

几帳面、まじめ、頑張りすぎが「過緊張」を引き起こす

 「過緊張」とは、心や体の緊張が進んでしまい、ゆるめたくても自分ではゆるめられない状態をいう。病気というほどではないが健康でもない、いわゆる「未病」を引き起こす「元凶」ともいえる。

 たとえば、毎朝、目覚まし時計が鳴る前に目が覚める。体内時計が朝起きる時間を覚えているなどと自慢げに話す人がいるが、そんなことを言っている場合ではない。仕事へ出かけなければならないという緊張状態からくる一種の症状で、ストレスが溜まっていく前ぶれなのだ。

 眠りが浅く夜中に何度も目が覚める、トイレに起きる。暑くもないのに汗をかいたり、あまり気づかないが喉や胸につかえを感じて呼吸が浅くなったりする。寝起きなのに肩が凝り固まっている。こうした症状も、過緊張が原因とされる。

 何事にも一生懸命で几帳面、まじめ、頑張りすぎる人に多い。たとえば、緊張をほぐすために「運動をしなさい」というと、それがかえってプレッシャーになってしまう人は、自分の知らないうちに「未病」に陥るタイプだ。

就寝前のお風呂、音楽を聞くこと、薬酒を飲むことでリラックス

 覚醒作用のある交感神経のリズムが夜になっても乱れたままで、リラックスするためのスイッチである副交感神経に切り替わらないことで起こる。結果として興奮状態が続いて、その日の疲れがとれないわけだ。そういう意味では「過緊張は万病のもと」なのだ。

 過緊張に詳しく、冷え症などの治療を専門とする目黒西口クリニックの南雲久美子院長は、「過緊張は、女性の場合は冷え症や肩こりに表れたりするが、男性は体が丈夫な分、なかなか症状に表れてこない。仕事、生活の悩みが影響して、男性も女性も知らず知らずのうちに過緊張に陥りやすくなっているので、就寝前になにかリラックスできることを取り入れたほうがいい」とアドバイスする。

 ゆっくりと風呂に入って体を温める、風呂あがりに軽い体操やヨガをする、ゴロ寝しながら好きな音楽を聴く、静かに読書を楽しむ、マッサージをする。その日の疲れは、その日のうちにとることを院長は薦める。

 南雲院長は、「薬酒を飲むこともリラックス効果がある」という。血行をよくして体調を整える効果があるとされる生薬(漢方)は、「女性の冷え症に効くといわれるが、じつは男性にも効果がある」と話す。

 市販されている漢方薬では、イライラを解消するのに効く「柴胡加竜骨蠣蛎湯」(サイコカリュウコツボレイトウ)や、とくに男性には滋養強壮作用のある「八味地黄丸」(ハチミヂオウガン)、体に元気をつける「補中益気湯」(ホチュウエッキトウ)などが疲労回復に効く。

 生薬は一つひとつよりも、2つ以上を組み合わせて服用したほうが効果的だそうで、杜仲(トチュウ)、芍薬(シャクヤク)、人参(ニンジン)、丁子(チョウシ)、ウコン、桂皮(ケイヒ)などの生薬が配合されている養命酒も体を温めるなどの効能をもたらすそうだ。

 過緊張は、最近はパソコンに向かう機会が多い人にありがちなデジタル・ストレスの症状としても表れるという。30歳すぎの働き盛りは、その人にあった方法で体の緊張をゆるめる工夫が必要だ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

肩が軽い!

今日は、姫路市のお客さんのところへ行った後、大学時代の後輩に会いに行った。

クリニカルカイロしらいの白井先生。 

基本は予約制なので、患者さんの予約が無い時間を狙って会いに行った。

ついでに、ちょっと肩を診てもらった。 軽い!その訳を聞いて納得した。

白井先生ありがとうございました!

お近くの方がいらっしゃったら、ぜひ行ってみてください。楽になりますよ~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年12月13日 (木)

メタボリック症候群

先日、社内で健康診断があった。

だいだい大丈夫だったけど、萎縮性胃炎ということで、胃の内部がでこぼこしていた。今のところ特に心配ないらしいが、これ以上何か変化が出てくるとピロリ菌の可能性があるので、胃カメラを飲んで検査したほうが良いでしょうとのこと。

診断結果の中に、「健診を受け終わったら、保健師による健康相談を受けましょう!」という紙が入っていたので、早速問い合わせして相談をしに行った。

現在の食生活や普段の生活習慣などを詳しく話しをして、いろいろアドバイスをもらった。

○油をたくさん使う料理は出来るだけやめましょう。どうしても油ものを食べるなら、ふつうの油をやめて、オリーブオイルを使いましょう。

○晩遅くに夕食を食べるのは良くないので、ご飯をお茶碗2杯はやめて1杯だけにしましょう。

○夜、果物を食べるのは糖分が脂肪に変わってしまうので、朝食べましょう。

○一週間に一度は適度な運動をしましょう。日曜日しか時間がないのなら、ご夫婦そろって散歩するなど協力しあってやりましょう。

体脂肪率を量ってみると、高い!肥満だ~!!(゜o゜)

お腹周りを測ると、メタボリック症候群だーーー!!!(^_^;)

昨日から、体重を量っています。

やっぱいな~~!!(~_~;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月22日 (木)

病院

今朝、嫁さんの調子が良くならないので、近くの病院に行ってきた。

一旦、僕は通勤のために電車の駅まで行ったけど、嫁さんの咳が止まらないので、また家に戻って、一緒に病院へ行った。

病院へ行ってみると、おじいさん、おばあさんが多かった。中には、インフルエンザの予防接種のために来ている患者さんも多そうだった。

結局、嫁さんはのどの炎症をおこして、風邪になったそうだ。薬を5日間分もらって帰ることに。それから僕は会社へ行った。

実は、今日の午後から僕は会社の健康診断で病院へ行った。昔、入院したところだったので、検診が終わってから病棟の上に上がってお世話になった看護士さんやリハビリの先生に挨拶をしてきた。

僕が何の病気で入院したかはまた今度お話します。約200万人に一人にしかならない難病だったのですが...。

風邪やインフルエンザが流行りだしたみたいです。みなさんお体に気をつけてくださいね~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月21日 (水)

風邪が治らない。

昨日、今日と、嫁さんは仕事を休んだ。

月曜日にせきがひどかった。で、自分で翌日休みますと会社に申請して休みました。

今日夕方、嫁さんから電話があった。「熱が37.3度あるよ~ (*_*)」

今も、少しせきがある。明日も、休みかなぁ。

明日、病院に連れて行こうか。でも、仕事が...。

明日の具合で決めようか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年4月16日 (月)

痛いよ~

今日、帰宅したら嫁さんは胸のあたりが痛くて、呼吸するとき(深呼吸で吸うとき)にどきどきすると言う。念のため、食事をした後に夜間の病院に行った。

一通り調べてもらったが、数値を見る限りでは異常は無い。ストレスから胃酸があがってむかむかして痛いときもあるとのことで胃薬をもらってきた。

とりあえず、大丈夫だったのでほっとした。(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月11日 (日)

ぼちぼちと

嫁さんの調子はまだ回復していないので、今日は教会に行くのはやめました。

あと、昨日も今日も僕がご飯を作りました。買い物も一人で行ってきた。嫁さんの具合がよくなるまでは出来る限りのことをしてあげようと思います。

それが今の僕にできること。 I love you asawa ko! (^o^)丿

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

愛する人に捧ぐ

10月に入りました。だんだん秋めいてきましたが(とは言え、日中はまだ暑い!時もあるけど…)、皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏からこの時期まで、毎年同じ思いを感じます。
それは、前の嫁さんのことを思い出すからです。世界で一番愛していた嫁さんが天国に逝ってから今月末で、まる6年。今年は7回忌になります。今でも時々彼女が目の前に現れます。その時は、以前と同じようです。生きている時と、まったく変わらないから、本当に一緒にいるんだと錯覚します。夢じゃないんだと思います。でも、やっぱり、しばらくすると夢から覚めて、現実に戻ります。彼女の肉体は滅びましたが、彼女は生きています。僕の心の中で。ずっと…。

今、縁があって新しい嫁さんと一緒にいます。今、とても幸せです。自分だけ幸せになって良いのかと、再婚を決める時に戸惑いもありました。でも、まわりの方々の理解もあって、今は結婚して良かったと思います。

生きている以上、つらいことや、苦しいこともあるけれど、生きている以上、楽しいことや、嬉しいこともいっぱいあります。天から与えられた命、自分の人生を大切にしていきたいと思います。

天国で頼りない僕をずっと見守ってくれている前の嫁さんと、
外国で外国人の僕をずっと見守ってくれている今の嫁さんに、
感謝。 ありがとう。

そして、僕に関わってくださる全ての愛する人たちに感謝です。ありがとうございます。そして、これからもよろしくお願いします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)