2011年11月17日 (木)

今日で3ヶ月

11月17日

今日で、佑里夏が誕生して3ヶ月になりました。

Img_5910_12

ご機嫌さんで~す!!\(^o^)/

Img_5957_12

お姉さんも一緒に4人でハイ、チーズ!

でも、佑里夏だけ、どこ向いてるの!?

Img_5967_triming_15_2

佑里夏はこのとき休憩していたので3人で乾杯!

Img_5968_15

今日のために、美味しい春雨とチキンのから揚げを作ってました。

Img_5966_triming_15

3人の記念写真もやっぱり佑里夏はカメラを向いていない。

一人で写真を撮る時は、いつもカメラ目線なのにね~!(o^-^o)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月28日 (火)

チャリス、日本のドラマ主題歌を歌う

この間、フィリピン関連のサイトを見ていたら、こんなニュースがありました。

ーーーーーーーーーーーーーー

日本でも圧倒的な人気を誇っているチャリス・ペンペンコ(シャリース)が、今年7月から日本テレビ系で始まる江角マキコ主演の医療ヒューマンミステリードラマ「ブルドクター」の主題歌を歌うことが発表された。

曲のタイトルは「Far As The Sky」。作詞、作曲、編曲はすべて日本人が行った。6日から着うた配信が開始されるという。

一方、チャリスは、ネット上で「いじめ」に遭っている事実を認めた。フェイスブックやツィッターなどで、否定的で、卑劣なコメントが相次いでいるという。

この現状に悲しみを覚えながらも、チャリスは、同じようにネット上でいじめに遭っている人たちに対し、「もし、否定的な書き込みを読んだら、それはあなたに対して言われていることではなくて、書き込んだ本人に対するものだと思ってほしい」とメッセージを送った。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

楽しみですね~~!!\(^o^)/

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

神戸に戻るときに見たものは?

5月5日、実家を後にして、神戸の自宅へ戻るときに、北陸自動車道にあるしすがだけSAでNHKの大河ドラマ江のゆかりの地として観光地にはよくあるこんなものがありました。↓

Img_0286_15

これを見たら、やっぱり撮りたくなる!?

毎週日曜日は、嫁さんと二人で「江」を見てるから馴染みがあるんですよね~!(^O^)

Img_0288_20

影は僕です。

Img_0292_15

この写真、顔に目隠ししたら、ほとんど意味ないかも...!?

って、思ったけど、まぁいいか!(~_~)

高速を走っているときに、きれいな夕日を見つけたので、嫁さんに頼んで撮ってもらいました。

Img_0297_25

もっと、シャッターチャンスがあったけど、一瞬だったので、嫁さんに頼んだときには遅かった。まあ、これもまだましかな。

Img_0298_20

渋滞でイライラする中、ほんのひととき癒してくれる夕日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

フィリピンが日本方式

Yahoo!の携帯版にこんな記事が載っていました。

<地デジ>フィリピンが日本方式 南米諸国に続き9カ国目 毎日新聞 [6/11 22:16]

総務省は11日、フィリピンが地上デジタル放送の規格に日本方式の採用を決めたと発表した。日本方式の採用国は南米8カ国に続く9カ国目で、アジアでは初めて。フィリピンは日本方式の画質などを評価した。フィリピンは南米市場に比べて日本のテレビメーカーの生産拠点に近く、日本メーカーへの経済効果も期待される。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そうか~!なぜだか嬉しい気分!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

あけらめなければ、必ず道はひらける

昨日(12日)の夜10時からNHKのテレビで、プロフェッショナル 仕事の流儀という番組があった。たまに見ることがあるのだが、昨日は忙しかったので、その時間は録画した。でも、どうしても早く見たかったので、その後の時間に見た。
研究者、浅川智恵子さんの話だった。子供の時の起きた不慮の事故のために、14歳で失明してしまった。
でも、その後の彼女は「頑張る」なんて言葉じゃ言い表せないほどの苦労をし、壁にぶつかるたびに何度も何度も心が折れそうになるのを克服していった。詳しくは番組のホームページをご覧になってください。
番組の中で浅川さんが言ったことば。研究者として大事にしている信念がある、という。それは...
「自分にできることは、限られている」
障害を乗り越えて、まだ誰も見たことのない未来を切り開く研究を進めている彼女。
彼女の言葉は、突き刺さった。 今の僕は、なんて情けないんだろう...。
五体満足の身体で、現状を嘆いたりするなんて。
困難をひとつひとつ乗り越えていった浅川さん。
「自分にしかできない、仕事」
それを見つけた浅川さんは輝いていた。
「苦しいと思うまで突き詰めたら、道はひらける」
人生は一度きり、とはよく言われるが、もっともっと努力をして、納得のいく人生を歩まなきゃ。
神様が与えて下さったこの命、この人生。 もっと大事にしなきゃ。
この世のすべての人に、物に、感謝。 ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月30日 (火)

早川ビト

早川ビト。 この名前を聞いて、ピンとくる人、日本で何人くらいいるのだろうか? フィリピン人の父親と日本人の母親の間に生まれたビト。自分の生い立ちにコンプレックスを抱いているものの、明るく活発で、常に絶やさぬ笑顔が印象的、それがビトだ。----と、TBSの公式HPに書いてある。嵐の松本潤さんが、スマイルというドラマで演じた役だ。

『これまで数々の名作を世に放ってきた TBS 金曜ドラマに新たな歴史が刻まれる。
今回 TBS が手がけるのは、人間愛をテーマにした重厚的な人間ドラマ。』

『今年の春、金曜ドラマのテーマはズバリ “人間愛”。こんな時代だからこそ、骨太で純粋なヒューマンラブストーリーを真剣に作りたいと思っています。』

このドラマが始まる前、フィリピン人と日本人のハーフの少年が主役という設定に、どんなに素敵なドラマかとワクワクしながら1回目の放送を待っていた。

しかし、まったくの期待はずれ。さらに、主役がハーフで日本在住にもかかわらず、外国人のように差別されていたという設定で、仲間内からは、「このフィリピン野郎!」と言われていた、とのこと。 実際にドラマの台詞の中でこの言葉が何度と無く出てきた。

縁があって国際結婚をして、生まれてきた子供が差別を受ける。 という設定なら、もっとその背景にある事柄まで描写して、過去の出来事にこんなことがあったから、今このハーフの子供が差別されたなど、奥の深い説明も全く無しに、僕の推測では、とりあえず日本に住んでいるフィリピン人が多いからそういうことにしておけって感じで脚本家が書いただけのような気がする。 他の外国人、特に日本在住の東南アジア系の外国人とのハーフではいろいろ面倒な問題が起きるから、てっとりばやくフィリピン人を選んだ。そんな安易な発想ではなかったか。

そのせいで、主人公を他の仲間が誹謗するたびに、「このフィリピン野郎!」と叫ぶ。 生まれたときから、あるいは幼いときからずっと日本に住んでいて日本語だけを話しているハーフの子供であっても、「フィリピン野郎!」と怒鳴られる。

なぜ、フィリピン人とのハーフである必要があったのか?

ドラマを見ていくうちに、まったく必要性の無い設定であることが分かってきた。 ただ単に、どこかの外国人に見えるから差別を受ける、そんなことを脚本家は言いたかったのだろうか。もしそうならば、あまりにもお粗末である。 別にフィリピン人のハーフでなくても良かったのではなかろうか。 しかし、仮想の国名では具体性に欠けるからとりあえず、フィリピン人だったのだろうか。

このドラマを見ても、周りにフィリピン人の知り合いがいなければ、何も感じないままに、最後まで見続けていた人も多かったことだろう。しかし、外国人の方が自分の身近にいるという環境の方は違った見方をしていたかも知れない。

フィリピン人が身近にいれば、なおさらのことだ。ましてや、奥様やご主人がフィリピン人なら言わずもがなだ。

あとで、分かったことだが、ドラマの最終話とその前の週は、脚本家が変わったそうだ。 

差別問題を取り上げたかったのか、裁判制度が変わったことを取り上げたかったのか、在日KOREANのことを言いたかったのか、さっぱりわからんドラマだった。

”人間愛”がテーマなら、最初にHPに書いてあったようにもっと真剣に精査してドラマ作りをしてほしかった。

それと、”あの言葉”を耳にするたびに、不快な思いをしていた人がどれほどいたことか。 TBSと脚本家は、もう二度と同じようなことを繰り返さないと公言してほしい。

いろんな障害を乗り越えて国際結婚をして、生まれてきた子供はすべて差別を受けるのか?あるいは、フィリピン人と日本人の子供だから差別を受けてきたというのか?

何を言いたかったのか焦点が完全にぼけてしまったかやくご飯のようなドラマはもういらない。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

このテレビ!

24年働いたテレビとお別れして、我が家にやって来たのはこれ↓

Image132_blog

Image133_blog

ブルーレイと一緒になったテレビ。 地デジ対応です。

Image137_blog

12月4日から、神戸でルミナリエが開催される前に、障害者の方たちに事前に招待したというニュースをやってました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

ワンセグ大活躍!?

今日、買い物から帰ってきてテレビをつけたら、画像が出てこない。

ウチは集合住宅だから、アンテナが悪いのだろうと思い、お隣さんにテレビの調子を聞いてみた。

問題無く、はっきりきれいに映っていた...。despair

やっぱり、コード類の接触が悪いのかと思い、いろいろ調べてみるが、確かにちゃんとつながっている。

あ~、2時間くらい格闘して、結局原因が分からない。

もう寿命なのかなぁ~。84年製だから...って!

24年前かい!!

もしかして、むっちゃ長持ちしてる??普通、家電製品て10年くらいって言いますよね~。

ここまでくると、修理に出すよりは新しく買った方が本当に安いかも!?

と、思っているうちに、午後9時が迫ってきた。

ヤバイ!嫁さんの好きなテレビドラマが始まる!

と、そこで登場したのが、ケータイワンセグ!mobilephone

やったー、これでいけるsign03

と思ったのもつかの間、電波が無いsign02

もうダメだ!と思ったその瞬間、ワンセグケータイから声が...。

なんとか間に合いましたsign03happy01

しかし、ちょっと前では考えられなかったよな~、ケータイでテレビが見られるなんて( ̄▽ ̄)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年8月17日 (日)

美人の意味は何?

嫁さんは、テレビを見ながら僕に質問してきた。

「アサワコ、美人の意味は何?」

僕は、わかりやすく「マガンダン ババエ(綺麗な女)だよ。」と教えたあげた。

「なんで(そんなことを聞くの)?」と尋ねると、テレビにあるから。

「ん?」

よくみると書いてある。

Beijing 2008 と。

ビジン? べジン? ベイジン?

「アサワコ、それはベイジンだよ。 ペキン(北京)だよsign01

オリンピックも後半ですね。

嫁さんは、フィリピンの(選手が出ている)試合は見たこと無い、と不満そう。

パッキャオは、どこへ行ったsign02happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

今日は何のドラマ?

今晩は、ドラマを2本見ている。

嫁さんは、新しいドラマを見るのが大好き。

でも、良い場面でコマーシャルが入ると、文句を言う。

続きを読む "今日は何のドラマ?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧